RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
5月20日のボードゲーム会に参加していただき、ありがとうございました

5月20日に行ないましたゲーム会も
無事に終了いたしました。
ゲーム会に参加していただいたみなさん、ありがとうございました。

ぞれでは今回遊んだゲームの紹介です。


・タイムライン
http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-2039.html

発明品が描かれたカードを発明された順に並べていくゲームです。

トリビア系のゲームですが、以外な物が早く発明されていたりして
そういうのを知ることが楽しいゲームです。
1800年代あたりの発明品過密地帯の物は
なるべく早めに出さないと、後になるほど出すのが大変です。


・ラミーキューブ
http://ejf.cside.ne.jp/review/rummikub.html

タイルを上手くつなげて、場に出していくゲームです。

日本ではいまいちマイナーですが
世界大会も開かれている人気ゲームです。
見た目は地味ですが、引くタイルの運と
タイルの組み合わせを考えるパズル要素が
うまく融合されていて、つい何度も遊んでしまうゲームですよ。


・貴族の務め
http://ejf.cside.ne.jp/review/adelverflichtet.html

骨董品を集めて展覧会を開き、前に進んでいくゲームです。

骨董品を買ったり、展覧会での順位を決める時など
他の人とは違うことをしたほうが楽になるため
他の人が何をしたいのかを考えて
自分の行動を決めていかなければなりません。
そのあたりの心理戦や読み合いが楽しいゲームですね。


・ウントチュース
http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-1621.html

手札からカードを出して、得点カードを得るゲームです。

2位の人だけが得点カードを貰えないので
その前に小さい得点でも確実に取るのか
一か八かのトップ狙いで行くのか、
その時の状況を見て決めないといけませんね。


・トレインズ
http://okazubrand.web.fc2.com/index.html

鉄道会社を経営し、地図に線路を引いて駅を作っていくゲームです。

鉄道ゲームなので、線路を引いたり駅を作ったりしていくのですが
その会社経営をデッキ構築で行うのが特徴ですね。
資材やお金だけでなく、アクション自体もカードなので
必要な時にアクションが行えるよう
どのくらいの枚数を購入して入れていくかを考えなければいけません。

今回は地元の名古屋マップ(というか東海地方マップ)で遊びましたが
やはり知っている地名が出てくるとテンションが上がりますね。
豊橋から豊川、新城を通って飯田まで線路を引き、飯田線を再現してみたり。


・バルバロッサ
http://ejf.cside.ne.jp/review/barbarossa.html

粘土で物を作ってそれが何なのかを当てるゲームです。

ゲームを有利にすすめるためには何かすぐには判らず
かといって誰にもわからないのもダメなので
粘土で形を作る時には、そのあたりのさじ加減が難しいです。

・・・とはいえ、これ、わからなさすぎる。
中央にある黄色の四角い箱になんか乗ったものとか不明すぎ。
とか思っていたら、いくつか質問をするうちに
わかったりして不思議なものです。


・チケット トゥ ライド ヨーロッパ
http://hobbyjapan.co.jp/ticket_to_ride/

ヨーロッパの土地に線路を引いていき目的地を繋ぐゲームです。

有名鉄道ゲームのヨーロッパバージョンです。
アメリカマップに比べると短く細切れな線路が多いのが特徴で
より計画的に線路を引いていかないといけなくなりました。
早く行動しないと目的地までの線路をあっという間に
他の人に占拠されてしまって困ったり。
救済として他の人の線路が使える駅舎のルールがあるので
それほど致命的な事にはなりませんが
やっぱり出来れば自分の力だけで線路を引きたくなりますね。


・ヘマゴール

街を巡って行商をしてお金を稼ぐゲームです。

商品を仕入れるのも、それを売りに行くのも
それぞれ別の陣取りで決定するので
かなり頭を悩ませるゲームですね。


・ウッドチャック
http://www.mobius-games.co.jp/Ravensburger/Das_grosse_Kullern.html

自分のウッドチャックを上に進めていき、ゴールを目指すゲームです。

自分の番では銀玉を上の穴に入れて落としていくのですが
一つのコマに3つまでは、玉を持っていると進めるマス目が増えますが
4つ以上になってしまうと耐え切れられなくなって後ろへ逆戻り。
そのため、自分のコマにどのくらい玉を落とすか、
逆にゴールしそうな相手がいたら集中的に狙って落とす。
そうやって狙いを定めて玉を落とすのが楽しいですね。
また、途中でラッパのマスを通ると、
それまでに落ちずに溜まっていた玉が
一斉に落ちてくるのがこれまた壮観です。


・格闘技場

自分の贔屓のモンスターを上手くアシストして勝たせ、お金を稼ぐゲームです。

全員の思惑が違うため、なかなか思うようにはいきませんが
スライムなど、一見弱いモンスターも、
同じように勝たせたいプレイヤーとの協力によって
意外と強モンスター相手に粘ったりして番狂わせが起こったり。


・アドベンチャラーズ ホルスのプラミッド
http://hobbyjapan.co.jp/game/?p=3717

ピラミッドに忍び込み、ミイラを避けながら秘宝を集めるゲームです。

フィギュアが並んで、パッと見は難しく時間の掛かりそうな印象ですが
ルール自体は比較的簡単で、時間も30分〜1時間程度で終わります。
立体的なフィギュアがあるおかげで雰囲気も抜群で
ミイラの隙を窺ってお宝を狙ったり、
落ちてくる石が徐々にピラミッドを埋めていく様子が
とても良く表現されていて面白いゲームです。



今回も参加してくださった皆さんのおかげで楽しいゲーム会になりました。
参加していただきありがとうございました。

次回のゲーム会は6月17日(日)に行う予定です。
また、それ以降は7月15日、8月19日に行う予定です。
お時間のある方は是非ご参加ください。
皆様のご参加、お待ちしております。

author:ボードゲームサークル ダンケビッテ, category:例会報告, 23:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:39
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://danke-bitte.jugem.jp/trackback/117